オンラインカジノスロットで勝ち逃げ&逃げ切る方法は?



オンラインカジノスロットで勝ち逃げ&逃げ切る方法は?



カジノスロットは、ボタンを1回押す、あるいは1度レバーを引けば画面上のリールが回転して複数の絵柄が止まるまで待つだけのゲームです。


そのため、非常にシンプル&カンタンな操作でルールさえない、だけれども一度ジャックポットを引き当てれば見る見るうちに棚ぼた賞金がストックされていくという、プレイヤーにとって最も身近で一番人気が高いカジノゲームになっています。



しかし一方で、一度賭け金を入れてスピンスタートすると、なぜか大きく勝ち越すまで何度もスピンを繰り返し、気が付いたら多くの資金を投入し続けていたプレイヤーが多く存在します。


これも、スロットマシーンでは、何もしないで勝ててしまう場面や、高額賞金につながる絵柄シンボルが1個足りない…など惜しくもハズレてしまうケースが幾度となく訪れるので、ついつい負けん気とスリルを感じたい気持ちが誘発されてしまうのでしょう。


結果的に、途中まで勝ち越していたのに、ゲームを終了する頃には負け越してしまい逃げきれなかったパターンにつながってしまいます。



このような特性を持つカジノスロットでは、何といっても勝ち逃げして逃げ切ることが大切になってきますが、その方法の1つとして、スロットゲームを長くプレイすればするほどハウスエッジ(控除率)というジワジワ効いてくるボディブローのような確率論が働き、プレイヤーが損失を出してカジノ胴元が確実に利益をとっていくことを知ることでしょう。


一般にスロットの還元率は約95%前後と言われているので、プレイヤーがベットした資金を100USDとするなら、最終的に95USDがプレイヤーに戻り、残り5%分をカジノ胴元が確実に徴収していくイメージになります。


そのため、この状況を防ぐ、つまりカジノ胴元側が意図的にひいたレールに乗らないようにするには、賭け回数を減らす、または賭け金を一定にしないの2点が必ず押さえておきたいポイントになります。



まず「賭け回数を減らす」のは、ハウスエッジ(控除率)を逃れるためには行った方が良い方法で、この必要性が理解できると、勝ち逃げ・逃げ切りを自然に行えるようになるかもしれません。


また「賭け金を一定にしない」に関しては、もし毎回のプレイで賭け金を一定にしてしまうとハウスエッジのルールが着実に働いてしまうため、勝てそうなときに賭け金額を大きくして負けそうだと思ったときに賭け金を減らすというランダム性を取り入れる方法になります。



実際、1990年代にラスベガスの大手カジノリゾートのスロットマシーンで数十億円のジャックポット賞金を引き当てた女性は、1週間に3日だけなど、仕事帰りに気が向いたとき短時間だけスロットスピンを楽しんでいたそうで、そのルーティンを数年間継続していたと言われてます。


ひょっとすると、彼女もハウスエッジの影響を理解していて、このようなプレイ方法をしていたのかもしれません。



k001a
Go back to the list

コメントを残す