フィリピンカジノは安全?治安は良い?マニラ&セブ島

フィリピンの首都マニラとセブ島のカジノは安全?治安は良い?


trip0006z5



フィリピンの首都マニラというと、「汚い・くさい・治安が悪い」という印象を真っ先に思い浮かべる日本人が多いかもしれませんが、実際には近代的な高層ビルが立ち並び道路もそこそこ広いビジネス地区であるマカティオルティガス、スペイン系財閥の大手企業・アヤラランドが開発したBGC(ボニフォシオグローバルシティ)地区や近郊のマッキンリーロックウェル、さらにニノイアキノ国際空港から南へ車30分ほどの場所にある高級住宅地・アラバンなど、シンガポールの街並みに匹敵する洗練された街並みと治安の良さを持つ都市が存在しており、今や本当に発展途上国なのだろうか…と感じてしまうほど開発が進んでいます。


これは、日本が日本語、フィリピンが英語を公用語としていることから、様々な場面で情報の食い違いや文化の違いが生じやすく、本来のフィリピンの姿からゆがめられた情報が日本に入りやすいことが影響しているのかもしれません。実際、1950年代まではフィリピンがアジアで2番目に裕福な国であったことなども、ほとんどの日本人が知らない事実ではないでしょうか。



また、マニラやセブ島のカジノ付き統合型リゾート(IR)施設の中や周辺地域も、ある程度の厳重な警備網が敷かれているため、上記の都市と同様に非常に安全で治安が良い点が特徴です。



しかし、海外で人気のマニラやセブ島であっても、多くの場所でまだ鉄道網が開通していない状況のため車の渋滞が生じやすく、排気ガス量も多いことが問題になっている現状はあります。上記のように近代的な発展を遂げて、安全で治安が良い場所はいまだに限られた地域だけであり、特に外国人観光客にとっては一歩都会を離れると様々な危険が潜んでいる地域があることも知っておく必要があるでしょう。


都会に住む娘が実家の田舎に帰省途中、外国人彼氏からもらった高級腕時計や金製の指輪・イヤリング、ダイヤモンドのネックレスなど一式を、犯罪や殺人を繰り返し未だ捕まっていない指名手配犯に襲われてすべて盗られたというような話もよく聞く内容の1つです。それだけ、日本では考えられない銃や凶器を使った無差別犯罪が日常で起こるのが、フィリピン裏社会の怖い一面でもあります。



日本人はフィリピン人から見ると、どんな人でも「お金持ち」に思われることが多いです。そのため、フィリピンの街中やカジノ場では、最低限下記の4種類の人には注意しておくことをオススメします。



1. 現地の女性


街中やショッピングモールの中で、まれにガールズバーやや風俗系で働いていそうな美しい感じの女性が声をかけてくることがありますが、見知らぬ外国人に宗教信仰心が厚いフィリピン女性の方から積極的に自宅などに誘われることは非常に不自然なことで、多くのケースはチームプレイで数十万円以上の大金を巻き上げることが目的のため、無視して通り過ぎた方が無難でしょう。


とくに、海外旅行に慣れていない人が初心者の洗礼かのごとく狙われたり、フィリピンの文化にまだ馴染んでいないような雰囲気や態度を敏感に察知して仕掛けてくるケースが多くあるようです。


* フィリピンは拳銃合法国家なので、銃でおどされることも考えられます。



2. 小さな子供


車やタクシーで道路を移動中に停車していると、小さな子供が車窓を叩いてお金を請求してくる(言い寄ってくる)ことがあります。とくに、マカティのようなビジネス地区の大通りやホテル、ショッピングモール周辺で遭遇することが多く、時には歩いている最中に手を差し出してお金を受け取ろうとする低所得層の人もいます。


人情深い人はかわいそうだと感じてお金をあげようと思ってしまうかもしれませんが、お金をあげたところで現状が変わるわけではなく何の解決にもならないので、無視をしてその場を立ち去った方が良いかもしれません。



3. バイクの運転手


フィリピンはベトナムと同じように、日本人客をバイクに乗せて乗車賃を払ってもらいたいがために、バイクの運転手が積極的に話しかけてくる場合があります。最近では、マカティやBGCのような都会ではほとんど見られなくなった光景ですが、都会から少し離れた地区の鉄道駅やタクシー乗り場周辺などでは、たまに遭遇することがあります。



彼らの中には、タクシーよりも安い運賃で移動サービス提供しておきながらちゃっかりガソリン代を負担してもらい、人によっては乗客にエロマッサージ店を紹介するなどして追加チップを請求する運転手もいます。また、同じような手口で乗車代をより多く稼ごうとするタクシー運転手もいますが、現在はセキュリティと乗客安全のシステムが徹底された配車アプリ「Grabタクシー」が登場し、街中を走るタクシーの運転手もほとんどがこのサービスに登録している状況なので、少なくとも首都マニラではめったに対応が悪い運転手に出会うことはないでしょう。


基本的に、フィリピン人の多くの運転手は概して親切で物分かりの良い人たちなので、目的地までの運賃だけを支払うことを明確に表現しておけば素直に従ってくれるでしょう。



ちなみに、日本人の多くが詐欺のように感じやすい上記のような手口の多くは、どういうわけかフィリピンや英会話に慣れていない旅行経験が浅い観光客に起こりやすいハプニングなので、とくにフィリピンや英語について勉強しておくことが、私たちにできる一番の事件防止対策になるのかもしれません。



4. カジノ場にいる外国人


カジノ場でどのスロットマシーンを回そうかと機種を探している時に、たまに「こんにちは。どうぞどうぞ、オレの隣の席が空いてるよ」と言わんばかりに低い腰で席を進めてくる現地人や外国人がいますが、彼らの中には様々な手段で日本人からお金を巻き上げようとする人もいます。


基本的に東南アジアの人種は、宗教心が深い人が多く、思考が単純で温和な性格のため、ほとんどの場合トラブルになることはありませんが、何か悪いことが起こりそうな予兆を感じた際は厳しい対応を取って対応しておけば、それ以上の危害を加えられることはないと思います。



★PC&スマホでフィリピンカジノスロットを無料体験♪
≫ 無料ビデオスロットの詳細はコチラ


★カジノのライブ中継ゲームがPC・スマホで楽しめる!
≫ ネット中継プレイの詳細はコチラ


k001a
Go back to the list

コメントを残す