マカオと韓国カジノの違い&共通点は何?

trip0001a

マカオカジノと韓国カジノの相違点


マカオカジノと韓国カジノの違いは、細かい点も考えるとたくさん挙げられると思いますが、今パッと出てきたものだけ挙げると、大きく3つに分けることができます。



まず1つ目は、カジノ場の規模です。


韓国カジノラスベガスやマカオの主要カジノ場と比較して小規模な場所がほとんどで、多くは1フロアのみに平場とVIPルームが入っている印象かと思います。


たとえばマカオカジノの大きさを1とすれば、韓国カジノは1/3ほどではないでしょうか。



つぎに2つ目として、韓国カジノはマカオのカジノと異なり、従業員(とくに入り口受付)が欧米人観光客には「英語」、日本人観光客には「日本語」で対応してくれる人が多いことが挙げられます。


この理由としては、韓国は地理的に日本と近くホスピタリティー精神の強い人が多い一方で、中国人は利益・権力重視的な国民性がありあまり気をつかわない人が多いことが原因の一つになっているのかもしれません。いずれにしても韓国カジノの方がフレンドリーな印象だと思います。


また、各カジノゲームの日本語説明書も用意されている点も、マカオカジノにはないホスピタリティーを感じさせられます。


※ 韓国では、カジノに限らずあらゆる場所で日本語をしゃべれる人たちが多いです。



そして3つ目は、カジノへ入場する際にマカオカジノではカメラの持ち込みチェックや荷物を預けるフロントがなく、両方持ったまま入場が許される傾向にあることです。( ※ カメラ撮影は禁止


一方で韓国カジノでは入り口が一つしかなく、フロントも完備されているため、必ず荷物とカメラをフロントに預けることになります。




マカオカジノと韓国カジノの共通点


マカオと韓国のカジノに共通点があるとすれば、ドレスコード(服装)がそれほど厳しくないことが挙げられると思います。


マカオは夏場のTシャツ姿での入場でもほぼ注意されることはないし、韓国でも膝下丈の短パン(ステテコくらいの長さ)ならカジノ入場に問題はありません。


また、帽子をかぶっているとカジノフロアでは目立ってしまいますが、マカオでも韓国でも積極的に注意されるほどNGというわけではなさそうです。( ※ 脱帽は推奨



★PC&スマホで韓国カジノスロットを無料体験♪
≫ 無料ビデオスロットの詳細はコチラ


★テーブルカードゲームがライブ中継で楽しめる!
≫ ネット中継プレイの詳細はコチラ


k001a
Go back to the list

コメントを残す