フランスカジノの服装ドレスコード・入場料・荷物検査(カンヌニース)

2france001a


フランスカジノのドレスコード・入場料・荷物検査


フランスカジノの服装・ドレスコード


フランスには、首都・パリの郊外北部中部、さらに南部のプロヴァンス地方、観光客が多いコートダジュール地方(カンヌ・ニース等)と全国各地にカジノ場(主にルシアンバリ系列カジノが多い)がありますが、どこのカジノに入場する際も服装・ドレスコードに厳しい規定はありません


そのため、基本的にTシャツ・ノースリーブ・ハーフパンツ・ジーンズ・運動靴でも入場が可能です。

※ ただしサンダルは施設により使用しない方が良い場合があります。
フランスカジノ一覧と各施設の詳細はコチラ ≫



フランスカジノの入場料


フランスのカジノ場は、基本的に入場料無料で場内に入ることができます。

ただし、入場時はパスポートチェックなど身分証明書を提示する必要があります



フランスカジノの手荷物検査


フランスカジノでは、韓国やシンガポール、フィリピンのカジノ場と異なり荷物検査は行われません。

ただ、ルシアンバリ系列カジノではコートやミニバック・帽子・カメラなど荷物を預けるカジノ専用クロークを利用できます。


また、コートダジュール地方のカンヌ駅周辺にある3施設のカジノ場、ニース駅近郊のカジノ場2施設は、いずれも荷物をフロントクロークに預けることができます。



(写真:パレ・ドゥ・ラ・メディテラネ・カジノ/ニース-南フランス)


★20XX年、ヨーロッパカジノがなくなる…!?
≫ ヨーロッパのカジノ施設一覧と悲惨な現状


k001a
Go back to the list