カジノスロットジャックポットの最高賞金額・当選額

0o02-3


2015年現在、オンラインカジノで日本人が勝ち取った最高賞金額は、2012年「ワイルドジャングルカジノ」スロットでの1億2,700万円獲得ニュースです。

そしてこれを筆頭に、2013年・2014年「ワイルドジャングルカジノ」や「ベラジョンカジノ」・「オムニカジノ」など様々なカジノスロットで100万円~1,000万円クラスの高額ジャックポット賞金を獲得する日本人が多く輩出されました。


でも、BIGサッカーくじやジャンボ宝くじ・ロトなど超一攫千金ギャンブルの1等賞金額と比較すると、まだまだ金額が小さすぎると思ってしまう人もいるかもしれません。


b002a


還元率は他のギャンブルに比べて圧倒的に高いけど、最高賞金額が1億円程度じゃ・・・


こんなふうに考えてしまう人がいるのも、ある意味仕方がないでしょう。


日本でのオンラインカジノは歴史が浅すぎる(2011年頃から認知され始めたくらいなので…)し、そもそも日本カジノの合法化すらなされていない状況なので、まだプレイする人も少ないわけです。

そのため、高額ジャックポットを引き当てる割合もその分少なくなり、現時点での最高勝利が1億円レベルで止まっているという状況といえます。



しかし!


ひとたび、オンラインカジノの本場であるヨーロッパ各国アメリカ(カジノ合法州)など海外に目を向けると、これまで日本人がカジノに抱いていたジャックポット賞金額の根底がくつがえされてしまいます!



Mega Fortune
2013年5月:530万ユーロ(約7億1,020万円
2014年1月:1780万ユーロ(約23億8,520万円)→ オンラインカジノ史上最高額のジャックポット
2014年10月:320万ユーロ(約4億3,000万円)→ フィンランドの30歳男性がわずか5ユーロ(約670円)からスタート


Hall of Gods
2014年10月:640万ユーロ(約8億6,000万円)→ スコットランド人
2014年10月:60万8,749ユーロ(約8,157万円

※ このほか2013年に約7億円・2014年に約6億円の高額賞金獲得者が出ています。

※ データ出典元:カジノジャパンVol.29,2014


私もこのデータを見た時に「やっぱり世界は広い!」とパラダイムシフトが起こってしまいました(笑)


しかも、「Mega Fortune」・「Hall of Gods」ともに北欧スウェーデンの株式上場企業「NETENT」(ネットエント社、正式名称はネットエンターテインメント社)が製作を手掛けるスロットマシーンで、現在「ベラジョンカジノ」や「ネットベットカジノ」のビデオスロットに導入されているのです。

ですので、「いつかは宝くじを超える一攫千金を獲得してみたい!」という方は、NETENT社製スロットマシーンにチャレンジしてみるのも良いかもしれません。



★NETENT社製スロットの採用カジノ
≫ ベラジョンカジノの詳細はコチラ

≫ ネットベットカジノの詳細はコチラ


k001a
Go back to the list