韓国永宗島パラダイスカジノでジャックポット獲得



韓国の永宗島パラダイスシティスカイカジノでジャックポット獲得


永宗島パラダイスカジノで8億8,000万ウォンのジャックポット
【6/10(日) - 中央日報】


仁川(インチョン)・永宗島(ヨンジョンド)のパラダイスシティにある外国人専用カジノで8億8,000万ウォン(約8,958万円)相当のパラダイスメガジャックポットが出た。


パラダイスが10日に明らかにしたところによると、ジャックポットを当てたのはシンガポール国籍のJさん(45)で、8日午後6時ごろにパラダイスシティ内のカジノでゲームをしていたところでジャックポットを当て8億8,480万ウォンの幸運を手にした。パラダイスメガジャックポットの当選者が出たのは今回が7回目だ。



韓国がほこるビデオスロットのジャックポット機種「パラダイスメガジャックポット」が、今かなり熱いようです!



今年2018年3月15日の午後5時30分ごろ、パラダイスカジノウォーカーヒルにて46歳の中国人客がジャックポットを当て9億8,821万ウォン(約9,778万円)を獲得したニュースがあり、これまで「パラダイスメガジャックポット」で還元された賞金額の最高額になって話題になりましたが、このビッグウィナーに続く大当たりが永宗島のパラダイスシティスカイカジノでも起こりました。


≫ 2018年3月15日のジャックポット獲得ニュースはコチラ



永宗島のパラダイスシティスカイカジノといえば、2017年4月に仁川空港から近い場所にあった「パラダイスゴールデンゲートカジノ仁川」から移転して新規開業したカジノですが、現在は韓国内のカジノ場で最も広大な面積規模を持つカジノとして有名です。


また、パラダイスカジノウォーカーヒルや今回のパラダイスシティスカイカジノでのビッグウィンのほかにも、2017年5月にパラダイスカジノ釜山で5億8,304万ウォン5億4,317万ウォンのジャックポット、2017年9月に「MAISON GLAD JEJU」(旧:済州グランドホテル)のパラダイスカジノで9億6,662万ウォン、2017年12月にパラダイスカジノウォーカーヒルで8億6,302万ウォン5億9,975万ウォンのジャックポットを記録しています。



しかし「パラダイスメガジャックポット」は、当選金額の上限が10億ウォン(約1億円)と決められており、4~5億円前後の賞金獲得を狙えると言われるオンラインカジノのプール金還元型ビデオスロットよりも全く割に合わない機種であることは確かで、さらにプログレッシブジャックポット機種の本場であるラスベガスカジノのように10億~100億円を超えるようなメガジャックポットを出すことができない欠点もあると思います。


今後韓国カジノにも、オンラインカジノのジャックポット機種や、ラスベガスカジノのプログレッシブジャックポット機種並みの巨額還元スロットがリリースされることを期待したいところです。



★オンラインカジノのジャックポット機種は本当に当たる..!?
≫ 過去の賞金獲得ニュースはコチラ



k001a
Go back to the list

コメントを残す