ワイルドジャングルカジノの出金にネッテラーを勧めない理由

g001a7


オンラインカジノから自分の銀行口座に勝ち金を出金(払戻)する際、そのままダイレクトに振り込みが行われるのではなく、必ず「ネッテラー」「アイバンク」「ウェバンク」「エントロペイ」などの決済会社を間に入れてから日本の銀行口座に振り込みが行われます。


そして、ワイルドジャングルカジノでの勝ち金出金の際にも、カジノ側から自分の銀行口座に直接お金が送金されるのではなく、「ネッテラー」「ウェバンク」のどちらかの決済会社を介して送金処理が行われます。


ネッテラー
h001b

メリット
ほぼ全てのカジノに対応
ネット上で5~10分で口座開設可能
身分証明書なしで口座開設できる
口座開設料・口座維持費が無料
「NET+カード」作成により郵便局・コンビニATMから出金できる
出金の際は身分証明書が必要です )

デメリット
口座開設手続きの入力が英語
カジノ入金に2~5日かかる
日本の銀行への送金に3日~14日かかる

2016年9月15日より、日本におけるギャンブルを目的とした「NETELLER」決済処理サービスが終了となります。これに伴い、「NETELLER」に代わる新しい決済サービスが導入される予定です。


ウェバンク
h003b

メリット
ネット上で5~10分で口座開設可能
身分証明書なしで口座開設・出金ができる
口座開設料・口座維持費が無料
入出金手数料が$2.49と格安
振込後15分ほどで反映される
ジャパンネットまたは楽天銀行口座があれば24時間入金可能

デメリット
利用できないカジノがある

2016年現在「ウェバンク」は利用できません。


ネッテラーバンクはオンラインカジノオンラインポーカーなどの世界的ゲーミングソフトの約90%を占めるほどの採用・利用率を誇っていますが、口座開設手続き入力が英語、カジノ入金や日本の銀行への送金に2日~2週間を要するなど、日本人の私たちにとっては非常に使いにくい側面があります。


一方、ウェバンクはネッテラーの欠点を完全にカバーした決済サービスで、最近ではネッテラー利用者がウェバンクの便利さを知り、どんどんウェバンクを主な決済サービスとして活用している背景があります。


そのため、とくに入金・出金に時間をかけたくない方や、初めてオンラインカジノをプレイする初心者プレイヤーのみなさんには、「ネッテラー」ではなく「ウェバンク」を利用することをオススメします。


≫ ワイルドジャングルカジノの詳細はコチラ


k001a
Go back to the list

コメントを残す