マカオ・韓国カジノの税金&確定申告

b008

マカオ韓国のカジノ、あるいはラスベガス・欧州・オーストラリアシンガポールフィリピン・カンボジアなどなど、もし海外のカジノで大勝ちしてしまった場合、その勝ち金を日本でどのように納税・確定申告すれば良いのか・・・?

そんなふとした疑問を解決すべく、個人的に書籍やネット検索で情報を集めて調べてみました。

そして、その調べた結果をここでシェアしたいと思います!


しかし!

実際に高額賞金を獲得して納税を体験したわけではないので、ところどころ情報不備があるかもしれません~(泣)

ですので、カジノの税金・確定申告のより詳しい内容はリアルに賞金獲得してからでも税務署または税理士に相談しに行くことをオススメします。。。

0la12-7

1.日本から現金持ち出し
日本から100万円以上の現金を持参して出国する場合、出国時の申請用カウンターで「支払手段の携帯輸出・輸入届出書」を記入する必要があります。

支払い目的が決まってない現金の持ち出しは、申告しても却下される可能性があるのでご注意ください。


≫ 詳細はコチラ



2.カジノでの勝ち金税金・確定申告

●カジノ国での納税
日本はマカオ韓国などカジノ合法国と租税条約を結んでいるため、カジノゲームで高額賞金を獲得してもその国では課税対象になりません。ですので、勝ち金はすべてプレイヤーに還元されます。

また、カジノ側から勝ち金を得たまでの証明書が発行されるので、忘れずに日本へ持ち帰りましょう。


ちなみに、賞金獲得後「免税書類」を記入し支払いを受けることになりますが、この書類はそのまま日本の税務署へ送付されるため、勝ち金が数百万円以上あり日本で確定申告をしていない場合、税務署から連絡が来ることがあります。

●出国
その国の空港税関で、勝ち金の申告をする必要があります。( ※ 申告推奨

なお、税関は関税を徴収する場所であってカジノ勝ち金にかかる税金は徴収されません。そのため、ここでは申告する以外に特に何もありません


また、税関申告をしていない状態でセキュリティチェックにより100万円以上の所持金が見つかると、カジノ証明書がないかぎり罰金を取られる可能性があります。

そのため、カジノ側から発行された証明書は必ず持参しておきましょう。


ちなみに、カジノによっては勝ち金を相当額チップのまま預入してくれるサービスもあるので、次回その国のカジノへ行く人は勝ち金を持ち出さずにカジノへ預けておくのも良いと思います。

●日本での税関申告
日本の空港に到着後、税関での申告をする必要があります。( ※ 申告推奨

なお、税関は関税を徴収する場所であってカジノ勝ち金にかかる税金は徴収されません。そのため、ここでは申告する以外に特に何もありません

●日本での納税
海外カジノで50万円以上勝った場合、日本で納税申告の義務が発生します。

そして、納税は「一時所得」として扱われ、勝利した年(1月1日~12月31日)の合計勝ち金額が対象になります。


≫ 納税・確定申告の詳細はコチラ



さて、実際は50万円程度の勝ち金だと税務署では分からない場合が多く、会社や職場で働いているサラリーマンやアルバイトの人ならわざわざ確定申告する人は少ないと思います。

とはいえ、毎年税務署で確定申告する事業者なら、ついでに納税申告しておくと良いかもしれません。


※ カジノで高額賞金を獲得した際、現金ではなく小切手を発行されることがあります。その場合、帰国してから日本の銀行で現金化するため、確定申告していないと税務署から通知が来る可能性が高いようです。

※ カジノの税金・確定申告のより詳しい内容は、税務署または税理士にご相談下さい。


k001a
Go back to the list

コメントを残す