ギャンブルで地道に勝っている人の共通点とは?4つの勝つ法則


ギャンブルはもっぱら宝くじ派だった私が、パチンコ・パチスロ&競馬で5,000万円以上稼ぎ、家まで建ててしまったスーパーギャンブラー・じゃいさんの著書を見て・・・


これがギャンブルの本質だったのか・・・!


と、目からウロコが落ちてしまったのですが、その本にはパチンコやパチスロ、競馬などで必要になる「4つのマインドセット」について書かれていました。

そして、そのマインドはそのままオンラインカジノ、とくにビデオスロットで地道に勝つための参考として使えると思ったので、みなさんにご紹介したいと思います。



4つのマインドセット
1)必要以上に熱くならない!
ギャンブルは他では味わえない興奮があって、熱中して熱くなる瞬間が醍醐味です。

でも、たとえばパチスロの場合相手が機械とはいっても本当の敵は「自分自身」。ギャンブルで思うように勝てていない人は、自分自身に負けているのです。

必要以上に熱くなると周りが見えなくなって、負けを取り返そうとしてさらに負ける可能性があります。

なので、熱くなりすぎずに冷静に勝負することが大切です。


2)負けることは当然だと知っておく!
どんなにギャンブルで天性の才能があったとしても、百戦百勝してる人なんていません。負けるのは当たり前です。


今週は毎日やったけど一度も勝てなかった・・・


そんな時ふつうは落ち込むものですが、一週間ずっと勝てないことなんて当たり前に起こることなのです。

なので、そんなに落ち込んでいるヒマがあったら、なんで負け続いているかを考えて、自分がやっている間違った方法を正していくことにフォーカスすべきです。


ギャンブルは運の要素が強いと言っても、理論的に負けの可能性を減らしていくことができるものと覚えておきましょう。


3)負けが続くときは切り上げる!
勝負事には目に見えない流れがあります。


3日間も連続で負けてるんだから、そろそろ勝てそうな気がする・・・


冷静な方なら、そんなに調子が悪かったら今日も負けるかもしれないって想像しませんか?

たとえば3打席連続で三振している野球選手を、4打席目もバッターボックスに立たせようなんて監督はいませんよね。

なので、そんな時は早めにプレイを切り上げて「どうして勝てたのか?」「どうして負け続けているのか?」をじっくり考えた方が良いです。


負けたことへの悔しさを忘れずにマイナスを取り返そうとは思わないこと

負け続けているときはギャンブルをせずに一度休めば良い。そうすれば負けて資金がマイナスになることもないですから。


4)傷口を最小限に抑える!
ギャンブルで一攫千金を得ようとするモチベーションは大切なことですが、始めから大きすぎる「夢」は見ない方が良いかもしれません。

奇跡の大逆転を狙うよりも、いかに傷口を最小限にとどめるか考えることが、長い目で見ると冷静な目を養うことができて勝率アップにつながるはずです。

(引用文献:稼ぐギャンブル/太田出版)



いかがでしたでしょうか??

パチンコ・パチスロ、競馬などのギャンブルに精通した方なら当たり前の攻略法だったかもしれませんが、さすがに実績のあるギャンブラーが提唱する内容となると「なるほど・・・!」と納得してしまいますよね。


ぜひ皆さんも参考にしてみてください。


≫ カジノスロットで勝つための5つの法則とは?
※ 別サイトに移動します


k001a
Go back to the list

コメントを残す