フィリピンカジノスロットのミニマムベット・ライン数(マニラセブ)

trip0006f


フィリピンカジノ(マニラ・セブ島)のスロットは、マカオや韓国のカジノに設置されている機種と同じものが多いのですが、他国のカジノと比べてどのカジノ場もゲームの半分はスロットマシーンで占められており、しかもジャックポット機種・プログレッシブジャックポットマシーンが圧倒的に多く導入されています。


そして、1ラインにつきミニマムベット50¢(約1~1.25円)・P1(約2~2.5円)・P5(約10~12.5円)・P10(約20~25円)の機種が設置され、とくに多くのスロットマシーンはP1機種です。

ハイリミットルームやVIPルームのビデオスロットに関しては、P10以上が普通だった印象があります。

※ 1ペソ=2~2.5円として換算


また、ライン数や遊び方はマカオ・韓国のカジノとほぼ同じような感じです。



≫ マカオカジノスロットのライン数・遊び方

≫ 韓国カジノスロットのライン数・遊び方



しかし、スロットプレイを終了して勝ち金や投資金をマシーンから取り出す際、多くのカジノは係員を呼んでその場で現金払いしてもらう方法をとるため、かなりめんどうくさいです。

バウチャー」と呼ばれる勝ち金が印刷されたチケットが出てくる便利なマシーンは、「リゾートワールドマニラカジノ」「ソレアリゾートカジノ」のような大型カジノ場しかなかったように思います。



★PC&スマホでフィリピンカジノスロットを無料体験♪
≫ 無料ビデオスロットの詳細はコチラ


k001a
Go back to the list

コメントを残す