イタリアカジノの服装ドレスコード・入場料・荷物検査(ベネチアミラノ)

2italy001b


イタリアカジノのドレスコード・入場料・荷物検査


イタリアカジノの服装・ドレスコード


イタリアには、ヴェネチアに2ヵ所、サンヴァンサンに1ヵ所、サンレモに1ヵ所、そしてスイス内の飛び地に存在するイタリア領土・カンピオーネディタリアに1ヵ所の合計5施設があります。
※ ミラノ・ローマにはカジノはありません


そして、ほとんどのカジノ場にはドレスコードがないため、Tシャツ・ノースリーブ・ハーフパンツ・ジーンズ・運動靴で入場可能です。(サンダルは不可)


しかし、ヴェネチアの「カ・ベンドラミンカレルジ」のテーブルゲームフロアだけはドレスコードが設定されており、男性はジャケットYシャツ長ズボン(ジーンズ可)、女性は露出度の低いカジュアルな服装の着用が必要です。

ただ、靴は運動靴でも派手なアイテムでなければ入場できます。



イタリアカジノの入場料


イタリアのカジノ場は、地域によって入場料無料、あるいは10~20EUR入場料金がかかる場所があります。


また、入場時にパスポートチェックなど身分証明書の提示が必要な施設もあります。


ベンドラミンカレルジ(カジノヴェネチア)
パスポートチェックの後10EURを支払うと、入場料5EURとスロットプレイチケット10EUR(換金不可のため使い切る必要あり)が手渡されます。
※ 入場料5EURのみでも良いがゲームプレイはできません

カノゲーラ(カジノヴェネチア)
20EURを支払うと、入場料5EUR、サービス料5EUR、スロットプレイチケット10EUR(換金不可のため使い切る必要あり)が手渡されます。また、受付ではパスポートチェックとともに、小型カメラによる写真撮影が行われます。

カジノサンレモ
入場料無料、パスポートチェックはテーブルゲームフロアのみあり。ただし、クロークへの荷物預けは4EURで、引き換えに5EUR分のスロットチケットまたはテーブルゲームチップをもらえます。
※ 時期によっては数種類のキャンディーも付きます

カジノカンピオーネ
入場料無料。入場時パスポートチェックがあり、ミニカメラで顔写真を撮影。その後即時に紙カードが発行されます。

サンヴァンサンカジノ
入場料5EUR、パスポートチェックあり。
※ 現在の料金などは未確認



イタリアカジノの手荷物検査


イタリアカジノでは、韓国シンガポールフィリピンのカジノ場と異なり荷物検査は行われません


ただ、場所によってはコートやミニバック・帽子・カメラなど荷物を預けるカジノ専用クロークを利用できます。


ベンドラミンカレルジ(カジノヴェネチア)
荷物やカメラ・帽子は鍵付きロッカーに収納、コートはクロークに預けます。

カノゲーラ(カジノヴェネチア)
大きな荷物やコートを預けられるクロークがあります。

カジノサンレモ
大きな荷物やコートを預けられるクロークがあります。ただし、クロークへの荷物預けは4EURで、引き換えに5EUR分のスロットチケットまたはテーブルゲームチップをもらえます。
※ 時期によっては数種類のキャンディーも付きます

カジノカンピオーネ
大きな荷物やコートを預けられるクロークがあります。

サンヴァンサンカジノ
大きな荷物やコートを預けられるクロークがあります。
※ 現在の状況は未確認



(写真:カ・ベンドラミンカレルジ/ヴェネチア-北イタリア)


★20XX年、ヨーロッパカジノがなくなる…!?
≫ ヨーロッパのカジノ施設一覧と悲惨な現状


k001a
Go back to the list

コメントを残す