ドイツのカジノ(バーデンバーデンクアハウス・ウィスバーデン)

trip0004k

ドイツには、ベルリン・ハンブルク・シュツットガルト・アーヘン・バーデンバーデン・ウィスバーデン・リューベックなど合計50以上のカジノ併設保養地がありますが、その中でも「バーデンバーデン」「ウィスバーデン」の2施設が世界的に有名な場所です。



バーデンバーデン(Baden-Baden)

ヨーロッパ有数の保養地として知られる「バーデンバーデン」は人口約54000人の小さな街で、17世紀よりスパ温泉・保養地として栄えた歴史があります。

街並みは、ヨーロッパ独特の華やかな木々・花に彩られたどこまでも続く庭園が広がり、まるでこの場所だけ時が止まっているかのような印象を受けるかもしれません。


そんなヨーロッパ有数の保養地として知られる「バーデンバーデン」には、クアハウスと呼ばれる温泉保養施設の中に250年以上の歴史があるカジノが併設されています。

重厚で豪華な白亜の外観やロココ調の内装は「世界でもっとも古く、最も美しいカジノ」と称されるほどで、多くの資産家や有名人がここで運試しにカジノを楽しむことからモナコ・モンテカルロのグランカジノと並ぶヨーロッパ最大の超豪華カジノといっても過言ではありません。


そして、このようなヨーロッパの上流階級や貴族たちが利用するような施設だけにドレスコードがかなり厳しく、男性はネクタイ付きのスーツ(背広)、女性はスーツかドレス(イブニングドレスも可)が規定にされています。


また、カジノゲームの種類はルーレット・バカラ・ブラックジャック・ポーカーなどの主要カードゲームと、これらのテーブルゲームとは別の部屋にスロットマシーン専用ルームが配置されています。


※ バーデンバーデンにはカジノの他にも温泉や国際的な競馬場、ゴルフ場、劇場ホールなどがあります。



ウィスバーデン(Wiesbaden)

ドイツのフランクフルト空港からエスバーントレインで40分の場所にあるウィスバーデン中央駅

この駅から車で5分ほど先にあるカジノが「ウィスバーデン」です。


ウィスバーデン」近郊にはライン川やブドウ畑が広がり、昔から富裕層の温泉保養地として利用されてきました。

また、劇場やゴルフ場、高級ブランドショップも集まっています。


カジノ内には「バーデンバーデン」と同じく、ルーレット・バカラ・ブラックジャック・ポーカーなどのゲームテーブルフロアと、これらとは別の部屋にスロットマシーン専用ルームが配置されています。



その他ヨーロッパ各地のカジノ
フランスのカジノ ≫イギリスのカジノ ≫モナコのカジノ ≫スイスのカジノ ≫


(参考文献1:カジノの文化誌/中央公論新社,2011)
(参考文献2:カジノジャパン/プリンツ21,2013)


★経済収縮でヨーロッパカジノの倒産が相次ぐ!?
≫ なぜヨーロッパカジノは危機的状況なのか?


k001a
Go back to the list

コメントを残す